事務所の特徴  - CHARACTERISTIC -

 
 

電話、メールなどでは必要最低限のことを確認いたします。
その後は「きちんと会ってお話を伺うこと」、「コミュニケーションをしっかりとること」に重きをおいています。
お客様のもとへ訪問し、お会いしてお話を伺うことが仕事の原点であり、そうすることによってお客様のニーズに適切に
お応えできると考えています。

 

社労士事務所の約7割は事務所職員がゼロまたは1人といわれています。給与計算代行や社会保険手続きを正確に
行ううえで、複数のスタッフの存在は非常に重要です。
当事務所では社会保険労務士(特定社会保険労務士  )3名・事務職員4名が在籍しており、組織的なサポート体制を
構築しております。

 

1979年の創業以来、様々な業種の多くの事業所様と仕事をさせていただきました。
なかでも医療・介護業界の顧問先は全体の4割強を超え、数多くの事例を経験しております。
その中で培ったノウハウをもとに、医療・介護業界特有の課題を個別に検討し、
経営者の理念や社風に合った労務管理の改善のご支援など、人事労務のあらゆる相談に対応しております。

 

顧問先の皆様には、事務所通信「おしらせ」の隔月発行、事務所主催のセミナーを開催するなど人事労務に関する各種
情報や、労働・社会保険諸法令に関する重要な法改正についての必要な対応やポイントをご案内しております。
また、特に重要な内容については、訪問時に個別に解説させていただいております。

 

ABCの法則ってご存知ですか? 「  たり前の事を  かみたいに(  かにしないで) ちゃ んとする」ことです。
どんな職種でも、優秀なビジネスパーソンはまずこれがしっかりできているのだそうです。
*********************************************************************************************
誰もが見やすいように、書類は丁寧な字で書く。
作成した書類は証拠に至るまですべてコピーをし、わかりやすく保管する。
従業員の情報を整理・管理し、年齢による手続きや昇給時の手続きなど、必要な手続きを漏らさず行う。
*********************************************************************************************
すべて 当たり前のことです。しかし、なかなか出来ないのが現状ではないでしょうか。
当事務所では、顧問先の詳細な情報を整理及び管理し、それらを様々なチェック体制により
手続き漏れの防止に努めております。さらには助成金のご提案や労務管理の改善のフォローなど
的確なサービスをご提供するため 常に気配りと目配りを怠らぬように心掛けております。
また、事務所内で勉強会を行い 職員のスキルアップにも力を入れております。